ロータスクラブとは?

沿革

昭和50年
〔1975〕
・1月23日、全日本ロータスクラブ同友会設立総会(東京)
・初代会長に中村昭壹氏(近畿オート株式会社社長)就任
・第1次3カ年計画発表
昭和51年
〔1976〕
・10月22日、株式会社ロータス設立
・三菱自動車販売株式会社(現・三菱自動車株式会社)と業務提携
・本部事務局を丸ノ内に設定
・ロータスソング制定
昭和52年
〔1977〕
・株式会社ブリヂストン(現:ブリヂストンタイヤ株式会社)、横浜ゴム株式会社、東京海上火災保険株式会社(現:東京海上日動火災保険株式会社)と業務提携
・第2次3カ年計画発表
・第1回キャンペーンの決起大会を開催
・自主運営による総会を国立京都国際会館で開催
昭和53年
〔1978〕
・株式会社ジャックス、社団法人日本自動車連盟(JAF)と業務提携
・第1回統一ロータス・デー実施
・第1回新同友研修会開催
昭和54年
〔1979〕
・長期構想書を発表
・技術研修車「ロートピア」1号車、2号車完成
・松下電器産業株式会社(現:パナソニック株式会社)と業務提携
・「ロータス共済制度」発足
・第1回ロータス=JAFキャンペーン実施
昭和55年
〔1980〕
・富士興産株式会社、日産自動車株式会社と業務提携
・第3次3カ年計画発表
・技術研修車「ロートピア」3号車、4号車完成
・第1期ジュニア・アカデミー開講
昭和56年
〔1981〕
・第7回全国総会を熱海にて開催(参加同友463名)
・望ましい組織の具体案発表
・第1回ロータス営業マン研修会開催
昭和57年
〔1982〕
・ロータス同友会、株式会社ロータスの組織・財務を一本化
昭和58年
〔1983〕
・名称を「全日本ロータス同友会」に変更、53支部法人設置
・9月10日、株式会社ロートピア設立
・大東京火災海上保険株式会社(現・あいおいニッセイ同和損害保険株式会社)と業務提携
昭和59年
〔1984〕
・創立10周年
・第4次3カ年計画発表
・本部事務局を丸ノ内より芝東京海上ビルに移転
昭和60年
〔1985〕
・ロータスCI、5項目推進
・TVCM放映(イメージキャラクターに竜雷太起用)
・経営管理システム「クリエイト」開発
・株式会社ロートピア、フランチャイズ店制度発足
・ステップ教育第1ランク検定試験実施
・株式会社ロートピアを銀座より芝東京海上ビルに移転
昭和61年
〔1986〕
・全日本ロータス同友会新会長に石指時夫氏(タカヤモーター株式会社社長)就任、中村昭壹前会長、名誉会長に就任
・TVCM第2弾放映(イメージキャラクターに斉藤慶子起用)
・総合戦略企画室スタート
・株式会社ロータスフレンド設立
昭和62年
〔1987〕
・株式会社オリエントファイナンス(現・株式会社オリエントコーポレーション)と業務提携
・第5次3カ年計画発表
・「ロータスの心」策定
昭和63年
〔1988〕
・株式会社エルネット設立
・エルネット事業開始、株式会社ヤナセと契約し、ヤナセLショップ事業を開始
・エルネットが株式会社オートザムと契約し、ロータス・オートザム事業を開始
昭和64年 ・創立15周年
平成元年
〔1989〕
・「中華人民共和国物資部訪日団」の来日
・TVCM第3弾放映
・戦略行動領域・ビジョンの発表
・第2期長期構想書発表〔第2次長期構想スローガン -2000年のロータス-〕
・第6次3カ年計画発表
・ロータスメイトカード(現:ロータスカード)発行
平成2年
〔1990〕
・パーフェクトネットワークロータス2000をスローガンに、同友拡充を推進、2000社体制になる。
・支店構想に着手
・TVCM第4弾放映
平成3年
〔1991〕
・TVCM「パリ~ダカールラリー挑戦編」放映
・第4次・第5次訪中団の派遣
・情報ネットワーク事業に着手
平成4年
〔1992〕
・全日本ロータス同友会新会長に櫻井努氏(株式会社カーテック中央社長)就任
・第7次3カ年計画発表
・TVCM「パリ~ダカールラリー間近編」を放映
・第15回パリ~ダカールラリーに2台体制で参戦、倉田・横川組T2(市販車改造)クラス3位入賞
平成5年
〔1993〕
・株式会社ロータスインフォメーションネットワーク設立
・株式会社エルネット、米国アモコオイルの取引開始
・経営管理システム「新クリエイト」開発
・「車検制度見直し」対応策の検討
・第16回パリ~ダカールラリーに参戦、倉田・宇佐組T2(市販車改造)クラス3位入賞
平成6年
〔1994〕
・創立20周年
・ロータス365サービスシステム開始
・ロータスニューオートローンの開発・販売開始
平成7年
〔1995〕
・第8次3カ年計画発表
・ユニセフ支援スタート
・ユニセフ支援ロータススマイル車検発表
・第18回グラナダ~ダカールラリーに2台体制で参戦
・株式会社ロータスが株式会社ロータスフレンドから営業譲受
平成8年
〔1996〕
・全日本ロータス同友会新会長に三久保清氏(株式会社三久保商会社長)就任
・OM分離に着手
・OM分離プロジェクトで、具体的推進策を検討
平成9年
〔1997〕
・「21世紀ビジョン」の策定作業に着手
平成10年
〔1998〕
・事業年度を4月~3月に変更
・「21世紀ビジョン」の策定作業に着手
・株式会社エルネットがスズキ株式会社との取引開始
・株式会社エルネットが中心となり、輸入工具展示会を幕張メッセで開催
平成11年
〔1999〕
・創立25周年
・全日本ロータス同友会新会長に鈴木秀憲氏(株式会社協同社長)就任
・モービル石油株式会社(現:EMGルブリカンツ合同会社)と業務提携
・第9次3カ年計画発表
平成12年
〔2000〕
・ISO9000セミナー開催
・JAS(日本エアシステム株式会社)と業務提携、JASマイレージ会員向け車検制度スタート
・株式会社ロータスインフォメーションネットワーク解散
平成13年
〔2001〕
・第3次長期構想発表
〔第3次長期構想スローガン Big Change21 「新・自動車産業への挑戦」 -ネットワーク・ヘッドワーク・フットワークの実践-〕
平成14年
〔2002〕
・日本電池株式会社(現・株式会社ジーエス・ユアサ バッテリー)と業務提携
・組織PR、VI(ヴィジュアルアイデンティティ)の方向性決定
・第10次3カ年計画発表
平成15年
〔2003〕
・VI展開とテレビCM開始
・ANA(全日本空輸株式会社)と車検業務提携、ANAマイレージクラブ会員向け車検制度スタート
平成16年
〔2004〕
・創立30周年
・新日本石油株式会社(現:JX日鉱日石エネルギー株式会社)と業務提携
平成17年
〔2005〕
・スズキ株式会社と業務提携
・全日本ロータス同友会新会長に松尾孝氏(松尾自動車工業株式会社)就任
・第11次3カ年計画発表
・株式会社エルネット解散。事業は株式会社ロータスが承継
平成18年
〔2006〕
・ロードサービス・ネットワーク事業の拡大を目的に株式会社プレミアロータス・ネットワーク (PLN)設立
平成19年
〔2007〕
・第2回全国大会を国立京都国際会館にて開催(参加人数1,396人)
・第2回全国大会にてロータス環境宣言を発表
平成20年
〔2008〕
・第12次3カ年計画発表
・2008年10月よりデータベース構築スタート
平成21年
〔2009〕
・全日本ロータス同友会新会長に室谷眞一氏(辰口自動車販売株式会社)就任
・第3回全国大会を新横浜プリンスホテルにて開催(参加人数704人)
・パルスター株式会社と業務提携
平成22年
〔2010〕
・ロータススマイル車検事業化検討に着手
平成23年
〔2011〕
・2011年3月11日東日本大震災発生
・第4次長期構想書・第13次3カ年計画発表
・スマイル事業部発足。モデル店選定によりノウハウ蓄積~一般募集
・ロータスインロック開錠ネット認定試験開催
・国土交通省の通達を受け、有償運送許可講習会を10ブロックで15回開催
平成24年
〔2012〕
・レンタ・カーシェアリング事業、一般募集
・環境問題への取り組みの一環として、廃油回収事業を開始
・次世代自動車の時代を迎えて「次世代自動車レポート2012」を発表
平成25年
〔2013〕
・第4回全国大会をロイトン札幌にて開催(参加人数974人)
・各層の教育を効果的に行うため、経営教育委員会を、経営委員会(経営者向け)と教育委員会(社員向け)に分離拡張
・今後の整備工場が目指すべき姿として「次世代型自動車サービス業モデル2020」を発表
・メカニック向け研修会「ロータススーパーアドバイザー認定研修」開催
平成26年
〔2014〕
・第14次中期3ヶ年計画発表
・経営者向け研修会「ロータスアカデミー経営者コース」開講
・社員向け研修会「ロータスフロント育成プログラム」スタート
平成27年
〔2015〕
・全日本ロータス同友会新会長に成毛政孝氏(株式会社ナルケ自動車)就任
・第5回全国大会(40周年記念大会)を東京ベイ幕張ホールにて開催(参加人数1,029人)
平成28年
〔2016〕
・ロータス次世代自動車取扱認定制度(次世代自動車の対応が出来るお店)スタート
・「人材確保プロジェクトが「職場体験推進運動」を提唱し、550社で2,000名を受け入れ」
ページトップへ